医師紹介

石塚 尋朗 石塚醫院院長・総合内科専門医

石塚 尋朗

ご挨拶

近年のIT技術の進歩には目をみはるものがあり、当院の従来のHPでは物足りなさを感じておりましたが、このたびリニューアルすることになりましたので、改めてご挨拶申し上げます。

当院は地域医療の充実と発展を目指すことを根底に、患者さんの立場にたった医療、見逃しのない医療をモットーにしております。当院の診療スタッフ、診療内容、検査機器の紹介はもちろん、医療インフォメーションでは医療行政から地域の健診、予防注射の実施等まで幅広い情報をできるだけ早急に提供していきますし、医療の豆知識コーナーではその時々話題になっている医学知識を簡単にまとめて提供していきたいと考えております。

このHPが皆様の健康維持、病気の予防等のお役にたてれば幸いです。

【総合内科専門医とは?】


略歴

昭和26年父一雄(当時東北大学医学部薬理学助教授)の勤務地宮城県仙台市に生まれる。
昭和36年父が故郷小野町へ帰郷し、開業  伴われて小野町へ
小野新町小学校 小野新町中学校卒業
福島県立磐城高等学校卒業
東北大学医学部卒業 同年 医師国家試験合格医師免許取得
東北大学消化器内科・由利組合総合病院(秋田県本荘市)
伊勢崎救急センターにて研修勤務
東北大学医学部付属病院内科に勤務
日本内科学会認定内科専門医師合格 内科専門医資格を得る
アメリカ合衆国ワシントン州ワシントン大学医学部留学
アメリカ合衆国テキサス州テキサス大学医学部留学
東北大学医学部より医学博士の学位を授与される
東北大学医学部付属病院内科に勤務
アメリカ合衆国テキサス州テキサス大学医学部に招聘され勤務
同大学に准教授として勤務し癌の研究と学生の指導にあたる
先代院長一雄の跡をうけ石塚医院継承のため帰国
同年テキサス大学客員教授を委嘱される
東北大学医学部非常勤講師を委嘱される
医療法人慶信會石塚醫院を設立 現在に至る

ページトップへ戻る


総合内科専門医とは?

総合内科専門医は、地域医療、外来診療にあってはレベルの高い一般・総合内科専門医、病棟においては患者の診断、治療において総合的に判断できるレベルの高いホスピタリストとして、地域医療ネットワーク、病院内の医療チームの要として機能する一般・総合内科の指導医である。さらに、これらを実践できる医師の教育や方法論研究を担える能力を有する教育医・研究医・指導医である。

(社団法人日本内科学会【「総合内科専門医」の医師像と適正な医師数】より引用)

※参考

ページトップへ戻る