医療の豆知識

腰痛について

  腰痛の種類

  腰痛に悩んでいる方は、高齢の方ばかりでなく若い方にも思いのほか多いようです。
 
  腰痛は以下の3つの種類に分類されます。

  1  腰にかかる負担に腰が耐えられない場合に起きる痛み
    
    → 腰筋痛 ・ ぎっくり腰 ・ いわゆる腰痛


  2  腰に異常があるために起こる痛み

    → 椎間板ヘルニア ・ 変形性脊椎症 ・ 脊椎分離症 ・ 脊椎すべり症

       脊椎管狭窄症 ・ 骨粗鬆症 ・ 圧迫骨折 ・ 脊椎カリエス

       化膿性脊椎炎 ・ 脊椎腫瘍 ・ 脊椎(馬尾神経)腫瘍 

       強直性脊椎炎


  3  腰以外に原因があって起こる痛み

     → 腎盂腎炎 ・ 尿路結石 ・ 胆のう疾患 ・ 膵臓疾患

       腹部大動脈瘤 ・ 後腹膜腫瘍 ・ 婦人科疾患 ・ 肛門周囲腫瘍

       精神的な疾患 ・ 便秘 ・ 帯状疱疹

    痛みの種類と担当する科について (整形外科的な痛み ・ 内科的な痛み)

    整形外科とは

   運動を行なったり姿勢を保持する器官に発生した病気や障害(けが)を扱う科です。

   整形外科的な痛みの原則とは
 
      ①運動器に発生します
      
      ②運動や姿勢を保持する行為に伴って発生します。

    手足、首、腰を動かすと痛い、または首や腰に長い間同じ姿勢をとらせると痛いというものです。

    ですから手足を使わないとか、身体を横たえてじっとしていれば痛みが消えるのが原則です。

    「 七転八倒の痛み 」 とか 「 じっとしていても痛い 」 というのは一般に内臓に問題がある

    ときに多くみられます。

    整形外科の病気ではこの種の痛みは一般には起こりません。
    
    このような場合には 先ず内科を受診しましょう。

    先に示したように腰痛にはさまざまな内臓疾患のサインとなっている場合があります。

    安易な判断でただ痛みを緩和するためにマッサージや注射に頼り、原因となっている内科の疾

    患が迅速に発見できずに手遅れになることがないよう早期に受診してください。

2010年06月25日 10:13


ページトップ