インフォメーション

27年~28年のインフルエンザ予防接種について

 27年~28年季節性インフルエンザ予防接種のお知らせ

 毎年10月から季節性インフルエンザの予防接種を開始しておりますが、今季の予防接種につきましても10月から開始する予定です。

 今シーズンの予防接種ワクチンについていくつかのべていきます。

  ① これまでの3価ワクチン(A型2株・B型1株)に加えて新たにB型が1株追加され4価ワクチンとなりました。

   今季のワクチン内容

   ⑴ A型株(2009年に流行したブタインフルエンザ)
      A/カリフォルニア/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09

   ⑵ 季節性A型株(A香港型)
      A/スイス/9715293/2013(NIB-88)(H3N3)

   ⑶ 季節性B型株
      B/プーケット/3073/2013(山形系統)

   ⑷ 季節性B型株
      B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)

  ② 接種する回数はこれまでと同じです。

      13歳以上        1回接種(目安)
      6ヵ月から13歳未満   2回接種

  ③ 接種量は一部変わりました。

     6ヵ月から3歳未満 0.25mlを2回接種 (増量されました)

     3歳以上から13歳未満 0.5mlを2回接種 (増量されました)

     13歳以上 0.5mlを1回 (量は同じです)

  ④ ワクチンの不足について

     厚生労働省によるワクチンの認可数・薬品メーカーの生産量・流行の状況などにより予測は不可能です。
     予防接種を希望される方は早めに予約をされるとよいと思います。

  ⑤ 予防接種にかかる料金について

     今シーズンから4価ワクチンとなったことからワクチンの価格が高くなりました。
     それを反映して予防接種の料金も全国的に高くなることが予想されます。

     また高齢の方や乳幼児の接種に関して自治体が助成することがありますので、
     広報をよく確かめてください。
     わからない時には自治体窓口にお問い合わせされるとよいと思います。


     *今シーズンに流行するインフルエンザがワクチンと同じ種類の株であれば
      予防接種はインフルエンザに対応する効果的な方法となります。
      高齢の方・既往症のある方、そして乳幼児の保護者の方は重症化を防ぐ目的からも、
      医師と相談のうえ予防接種を考えてください。


     *インフルエンザ予防接種は、体調が安定しているときのみ実施できます。
       接種にあたり問診票を記入していただき、そのうえで接種が可能であるという
       医師の判断が必要になります。

      慢性疾患で通院中の方は、なるべく日頃から体調をよく把握している
      「かかりつけ医師」の医療機関で接種されたほうがよいと考えます。


     ☆インフルエンザ予防のために手洗い・うがい・外出時(人混み)でのマスク着用
      を徹底しましょう!

2015年09月28日 18:23


ページトップ