インフォメーション

季節性インフルエンザの予防接種について


 新型インフルエンザが流行していますが、この新型インフルエンザワクチン製造の影響で、今年は、毎年秋から冬にかけて流行がはじまる季節性インフルエンザの予防接種ワクチンの供給量が例年より少なくなる見込みです。

 このため、季節性インフルエンザの予防接種をご希望になる方には、早期に予約されることをお勧めいたします。

 特に、既往症のある方や高齢の方は症状が重くなる場合もあり、実際、毎年、亡くなる方もいらっしゃいます。

 このようなことが起こらないように、高齢の方で既往症のある方は主治医と相談して予防接種を早めに受けることをお勧めいたします。

 65歳以上の方と60~64歳の方で心臓、腎臓、または呼吸器の機能に障害のある身体障害者手帳1級所持の方、及び免疫機能の低下により日常生活に障害のある方には、例年、居住している自治体から予防接種のための補助金が出ています。

 この場合、自己負担金は¥1,000~¥2,000程度になる見込みです。

 昨年、この地方では田村市・三春町・小野町・平田村・いわき市・川内村などで、自治体の補助があり、自治体と田村医師会が委託契約を締結して、自己負担額が軽減された予防接種が実施されました。

当医院では、9月14日(月)から予約受け付けを開始しますが、予防接種の予約時には、健康保険証、老人手帳または健康手帳を持参してくださるようお願いしております。

 尚、電話での予約受け付けはおこないませんのでご注意ください。

 新型インフルエンザの予防接種については、後日確認の上お知らせいたします。


2009年09月12日 12:49


ページトップ