院長からひとこと

オミクロン株の水際対策について

 前回この欄で変異したコロナウイルスや地球上の未知のウイルスについて述べましたが、その直後に本当にコロナウイルスの変異種(オミクロン株)のニュースが入ってきました。

 これに対して政府は外国籍の方の入国を止めるという措置を迅速に決定しましたが、これは、これまでの2年にもわたるコロナとの闘いの反省から生まれた賢い予防行動と言えるでしょう。

 せっかく日本国内の感染が下火になり、少しずつ日常の営みが戻ってくる兆しが見え始めたところに、国外からの変異種が入ってきてはかないません。

 多くの国民が同じように感じたことと思います。

 実際、感染症の水際対策という面で、これまでの日本の対応はひどく緩いものだったように思います。

 経済や国策を重要視するあまり、入国制限の対象を最小限にとどめ、決定にもスピード感が全く感じられませんでした。

 今まさに感染が拡大していこうとする初期の重要な局面で、毎日おびただしい数の人間が要注意国とその周辺から入国していたのです。

 このようなあり方を見て、感染症の専門家や有識者の多くが危機感を募らせていたはずです。

 入国後の待機期間の在り方にしてもそうです。

 徹底することができなければいわゆるザル状態になってしまいます。

 誰もが決められたことをきちんと守るという性善説では収まらない世界があります。

 地球上には様々な国があります。

 国によっては、規則を破る者を軍隊が銃などの武力で抑え込むような厳格な対応をとるところもあります。

 そのような体制がよいというつもりは決してありませんが、そのような国から日本に入国した人々にとって、規則を破っても丁寧に注意するだけの日本の対応は奇異に見えるかもしれません。

 この国のこのような丁寧な対応に感動して、自主的に協力してくれるというのならばよいのですが、もう一方で、このような優しい対応の意味が分からず、結果的にこの国を見くびって、やりたい放題してしまうという最悪のパターンが生まれる可能性もあります。

 この状態は拡散しようとしているウイルスにとってはチャンスですが、私たちにとってはリスクそのものです。

 日本人の多くは基本的にまじめに規則を守ろうとします。

 自分のわがままな行動のために感染を拡大させてしまうことを恐れて自主規制していく民族なのです。

 そのような民族性を理解できる外国人はごく少数でしょう。

 とにかく、一旦入国させてしまったら、圧倒的に日本は不利なのです。

 だから外国人の入国を止めるという今回の決定は、まったく最善の措置だと考えます。

 勿論、帰国邦人の経過観察に関しても厳密に実施していただくことが重要です。

 感染症との闘いのカギは、迅速に一番良い選択をし、迷わず断固として実行することなのです。

 これを機に、政府には、自国民を守ることにこれまで以上に真剣になってほしいと考えます。

 世界に目を向けることは大切なのかもしれませんが、その前提となるのが自国民をしっかり守るということです。

 まず国民の安全と福利を確実に担保することです。

 世界中のほとんどの国でも、それが国家の基本的役割とされていると思います。

 平和なときならいざ知らず、今は世界中が感染症との闘いの真っ最中なのです。

 このようなときにこそ自国民の安全を最優先にし、コロナ禍にこれ以上日常の営みを妨げられないように、生命や健康、そして経済面でも、これ以上被害が拡大しないように、断固としたリーダーシップを期待するところです。

 政府は勿論、国民に選ばれた国会議員にしても官僚の皆さんにしても優秀な方がそろっていると思いますから、自国民を大切に考えそれぞれの持ち場で真剣に努力をしていただきたいと思います。

 長い間日々自粛し、行事を中止し、旅行も会合もなくひたすら予防行動をとっている国民の努力を決して無駄にしないでほしいものです。

2021年12月02日 19:06


ページトップ