院長からひとこと

新型コロナウィルス感染症影響下の春を迎えて

 明日からいよいよ令和2年度がはじまります。
 今年の日本は、ゴーン逃亡というショックで明け、さらには中国武漢からはじまった新型コロナウィルス感染症の感染拡大、幼・保・小中学校・高校の休校、各種イベントの自粛、経済面での株価安など、良いニュースを聞かない状態でしたが、ついには、オリンピックも延期となりました。

 それでも、新年度には入学・進学・就職という人生の輝かしい季節を迎える子供たちや社会人がいます。
 人生の先輩として、このような感染症の影響下で入学や就職を迎える児童・生徒・そして社会人の皆さんに贈りたい言葉があります。

 長い人生には、思い通りにいかないことや理不尽なことが必ず起こりますが、皆さんは、今このような辛い時期を乗り越えることになります。
 この体験を無駄にせず、後々の人生をたくましく生き抜く力・人間としての実力を養う機会としてとらえ、時間を有効に活用してください。

 思えば、東日本大震災直後にも入学・進学・就職という人生の門出を迎えた人たちがいました。
 この9年間、たくましく成長して、今、復興途上の本県で活躍する若者たちがいます。
 試練は人間をたくましく成長させてくれるということがわかります。
 暑さや寒さそして嵐でも倒れない大木となって、未来の日本・そして世界を担ってほしいものです。
 祈ります。
 さて、この時期の日本には花冷えという言葉があります。
 朝晩はとくに衣服の調整をして身体を冷やさず、免疫力を維持して感染症をしっかり予防しましょう。
 自身の体調を管理するための、いつもの基本的な習慣を怠らず、必要以上に不安に駆られず、正しい予防行動で自らと家族や周囲の人たち、とくに持病を持つ人や高齢の方たちを感染から守ることを念頭に過ごしましょう。
 タバコは今、この瞬間からやめましょう。
 食事は栄養バランスに気を付け、規則正しく食べましょう。
 気の合う人とは、今少しの間、会わずに電話でおしゃべりしてください。
 身体を冷やさずに、睡眠もたっぷりとりましょう。
 家の掃除は、感染症対策にも役立ちます。
 好きな本を読み、室内でできる趣味や語学を極めてみるのもいいでしょう。
 外出できなくとも、豊かな世界が広がります。

 新型コロナウィルスがこれ以上拡散しないように、少しでも早く終息するように、
 この目標に向かって、心ひとつに頑張っていきましょう。
 私たちの底力をみせるときです。



2020年03月31日 18:03


ページトップ