院長からひとこと

田村地方の医療 休日と夜間の診療について

 日曜日・国民の祝日、お盆の期間、年末年始には、殆どの医療機関が休診となります。

 このため、休日当番医制事業により地域の医療機関が持ち回りで休日の診療を行なっています。

 この当番医制事業は自治体と地域の医師会との間で契約され、当番医療機関の情報は自治体の広報誌にも掲載され、また当日の新聞にも掲載されます。

 福島県医師会と田村医師会のホームページにも最新の当番医療機関情報が掲載されます。

 しかしながら、この当番医制度を知らない方がまだ多いようです。

 また、この休日当番医の存在を知っていても、可能ならば「かかりつけの医師」に診てもらいたい患者さんや、「かかりつけ患者さん」ではなくても、あまり遠くに行かずに近くの医療機関で診療を受けたいと考える方から休日や夜間の外出時に電話をいただくときがあります。

 時々思うことですが、自分が超人であって、24時間眠りもしないで診療に従事し、研究会などに参加しなくともいつも最新の医療の知識が頭に入っていて、患者さんに可能な限り一番よい医療を提供できるとしたらどうか・・・

 実際には、私は超人ではなく、通常、人間には休息が必要とされ、診療後の夜間や休日に研究会・勉強会・学会に出席しないと最新の医療知識からしだいに取り残されていきます。

 地域の責任のある医師ほど、医療問題に取り組むための数々の会議にも出席しなければなりません。

 これらの向上するための努力をせず、一切の勉強会・研究会に出席せず、いつまでも旧態依然のやり方で診療に携わっていても、休日や夜間に診療する医師を人々は望むのでしょうか?

 それでは日々進歩する医療の恩恵が受けられないことになってしまいます。

 そのため、患者さんを大事にする医師ほど葛藤は大きくなっていくのです。

 
 夜間診療について

 すでに述べました通り、この田村地方では、休日の診療につきましては、田村医師会の医療機関が持ち回りで担当しておりますが、夜間の診療につきましては、実施されない状態がかなり長く続いており、私が会長をつとめる田村医師会に設立した地域医療問題協議会では、心ある医師たちが、早くからこの夜間診療機能の欠如を問題視してきました。

 そのため田村医師会では、21年度以降、数年来この問題について自治体首長を含む関係者と協議を重ねてまいりました。

 また、県が地域医療再生について地域医師会に意見を求めた数年前から、田村地方に夜間診療の拠点を持つことの必要性・重要性を述べてまいりました。

 昨年3月の大震災後の反省を踏まえ、この主張を県医師会や県の有識者の方たちが支持してくださり、そして、この田村地域全体の病院を含む医療機関の状況を慎重に調査していただいた結果でしょうか、昨年、この夜間診療所設置計画に、国・県による助成が決定したという連絡を受けました。

 この吉報を受け、現在田村医師会は、田村市・三春町・小野町の3自治体とともに「田村地方夜間診療所(仮称)」での夜間診療の開始に向けて歩みを進めております。

 この地域の医療を改善していくために活動する田村医師会への皆さんのご支援を宜しくお願いいたします。

2012年02月08日 18:51


ページトップ